知能機械情報学

講義一覧(2019年度)

2019年度研究科授業時間割
共通科目コード

研究科共通

※○:本年度開講科目
科目番号/Code 科目名/Subject 担当教員/Instructor ターム/Term 単位/Credit 曜限/Schedule 時間/Time 講義室/Room 備考/Remark 重複履修制限/Restriction
4850-1001 知能機構論
Mechanisms of Intelligence
高畑 智之 S1S2 2 Fri 2 31年度休講 工2号館231講義室
4850-1002 知能制御論
Intelligent Control Theory
山本 江
中村 仁彦
S1S2 2 Tue 1 8:30-10:15 工2号館231講義室 4891-1005
4850-1003 知能情報論
Intelligent Informatics
原田 達也 S1S2 2 Wed 2 10:25-12:10 工2号館233講義室 4860-1046
4850-1005 知能ソフトウェア論
Intelligent Software System
原田 達也 A1A2 2 Thu 2 10:25-12:10 工2号館223講義室
4850-1006 知能機械構成論
Architecture of Intelligent Machinery
岡田 慧
稲葉 雅幸
S1S2 2 Wed 3 13:00-14:45 工2号館231講義室 4860-1016
4891-1003
4850-1007 ロボティクス
Robotics
中村 仁彦
山本 江
S1S2 2 Tue 2 10:25-12:10 工2号館223講義室 ※E 情
4850-1010 エージェントシステム
Agent Systems
岡田 慧
稲葉 雅幸
S1S2 2 Wed 3 13:00-14:45 工2号館231講義室 4860-1015
4891-1001
4850-1011 生命体システム
Life-Form Systems
高橋 宏知 S1S2 2 Fri 3 13:00-14:45 工2号館233講義室
4850-1014 複合現実感システム
Mixed Reality
廣瀬 通孝
葛岡 英明
鳴海 拓志
S1S2 2 Thu 2 10:25-12:10 工2号館223講義室 4860-1011
4891-1002
4850-1015 人間機械情報論
Human Machine Informatics
新山 龍馬 A1A2 2 Wed 2 10:25-12:10 工2号館222講義室 4860-1008
4850-1016 ヒューマンインタフェース
Human Interface
廣瀬 通孝
葛岡 英明
鳴海 拓志
S1S2 2 Thu 2 10:25-12:10 工2号館223講義室
4850-1017 脳型情報処理機械論
Brain Information Processing Systems
國吉 康夫 A1A2 2 Fri 2 10:25-12:10 工2号館222講義室
4850-1018 生体情報論
Biomedical Information Theory
久保田雅也
相原 正男
加藤 光広
宮尾 益知
S1S2 2 Thu 4 14:55-16:40 工2号館223講義室 FEN-MX5b32L1
4850-1024 生体機械システム
Biohybrid Mechanical Systems
竹内 昌治 S1S2 2 Fri 4 14:55-16:40 工2号館212講義室 4850-1019
4850-1020 神経行動学
Neuroethology
神崎 亮平 S1S2 2 Fri 3 13:00-14:45 工2号館233講義室
4850-1025 先端人工知能論I
Frontier Artificial Intelligence I
専攻主任 S1S2 2 Tue 4 14:55-16:40 工2号館221講義室
4850-1026 先端人工知能論II
Frontier Artificial Intelligence II
専攻主任 A1A2 2 Tue 4 14:55-16:40 工2号館223講義室
4850-1021 知能機械情報学特別講義
Special Topics in Mechano-Informatics
高橋 宏知
笠井 清登
尾藤 誠司
下山 晴彦
正宗 賢
下坂 正倫
渡辺 克己
A1A2 2 Wed 3 13:00-14:45 工2号館233講義室
4850-1022 知能機械情報学特別講義II
Special Topics in Mechano-Informatics II
専攻主任 S1S2 2 Wed 4 14:55-16:40 工2号館233講義室 ※E 情
4850-2003 知能機械情報学演習
Mechano-Informatics Laboratory
専攻主任 A1A2 Fri 3,4 13:00-14:45,14:55-16:40 工2号館231講義室 4850-2004
4850-2004 知能機械情報学特別演習
Exercises in Mechano-Informatics
専攻主任 A1A2 Fri 3,4 13:00-14:45,14:55-16:40 工2号館231講義室 ※E 4850-2003
4850-2001 知能機械情報学修士輪講I
知能機械情報学修士輪講I(10月入学)
Directed Reading for Master Course in Mechano-Informatics I
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-2002 知能機械情報学修士輪講II
知能機械情報学修士輪講II(10月入学)
Directed Reading for Master Course in Mechano-Informatics II
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-2005 知能機械情報学博士輪講I
知能機械情報学博士輪講I(10月入学)
Directed Reading for Doctoral Course in Mechano-Informatics I
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-2006 知能機械情報学博士輪講II
知能機械情報学博士輪講II(10月入学)
Directed Reading for Doctoral Course in Mechano-InformaticsII
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-3001 知能機械情報学修士特別研究I
知能機械情報学修士特別研究I(10月入学)
Master's Thesis Research and Preparation in Mechano-Informatics I
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-3002 知能機械情報学修士特別研究II
知能機械情報学修士特別研究II(10月入学)
Master's Thesis Research and Preparation in Mechano-Informatics II
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-3003 知能機械情報学博士特別研究I
知能機械情報学博士特別研究I(10月入学)
Ph.D.Dissertation Research and Preparation in Mechano-Informatics I
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-3004 知能機械情報学博士特別研究II
知能機械情報学博士特別研究II(10月入学)
Ph.D.Dissertation Research and Preparation in Mechano-Informatics II
各教員 通年
年度跨り
集中
4850-3005 知能機械情報学博士特別研究III
知能機械情報学博士特別研究III(10月入学)
Ph.D.Dissertation Research and Preparation in Mechano-Informatics III
各教員 通年
年度跨り
集中

※科目番号下にある“※E”は、原則として英語で行う講義を表す。
※備考欄内「情」は、教育職員免許法の免許教科『情報』の教科に関する認定科目。
※次の科目同士は、開講年度が異なっても、両方の履修は認められない。
4850-1002「知能制御論」と4891-1005
4850-1003「知能情報論」と4860-1046 (創造情報)
4850-1006「知能機械構成論」と4860-1016 (創造情報), 4891-1003
4850-1010「エージェントシステム」と4860-1015 (創造情報), 4891-1001
4850-1014「複合現実感システム」と4860-1011 (創造情報), 4891-1002
4850-1015「人間機械情報論」と4860-1008 (創造情報)
4850-1018「生体情報論」とFEN-MX5b32L1
4850-1024「生体機械システム」と4850-1019
4850-2003「知能機械情報学演習」と4850-2004
4850-2004「知能機械情報学特別演習」と4850-2003

講義内容

授業科目 担当教員 講義内容
4850-1001
知能機構論
Mechanisms of Intelligence
高畑 智之 生物は、機械的な構造や化学的な反応を通して、生きていくための情報取得・処理を行っている。生物の機構と、これと同等の工学的なデバイスを比較しながら、生物の特徴、工学デバイスの特徴、デバイスのアプリケーションや、さらなる展開について論じる。
1.触覚
力覚、せん断力、すべり覚、ピエゾ抵抗型センサ
2.聴覚
感覚毛、固液気体を伝わる音波、超音波、生体が発する音
3.視覚
可視・赤外領域の視覚、電磁波の物理、メタマテリアル
4.味覚、嗅覚
化学物質の吸着、濃度の検出
5.運動感覚
加速度、角速度、重力
6.線形・非線形情報処理
デジタルフィルタ
4850-1002
知能制御論
Intelligent Control Theory
山本 江
中村 仁彦
人型ロボットは知能ロボットの代表的な形態であり,ロボティクスの中でも今もなお活発に研究がなされている分野である.人型ロボットをはじめとして,ヒトの筋骨格モデル,CGキャラクタはベースリンクが環境に固定されない浮遊リンク系としてモデル化される.浮遊リンク系は,直接駆動することのできない自由度をもつ劣駆動系であり,その自由度は環境との接触力によって駆動される.接触力については,摩擦力等の拘束条件が存在し,拘束条件を考慮した制御が必要になる.さらに,接触状態は運動中に不連続に切り替わるため,制御の問題は非常に複雑となる.本講義では,ヒト型浮遊リンク系の力学と制御に焦点を当て,最新の研究を交えながら紹介する.
Humanoid robot is a representative example of intelligent robotic systems, and a lot of researchers is challenging the control problem on humanoid robots. Floating-base link system is utilized for modeling humanoid robots, human musculo-skeletal system, and CG characters. It is an under-actuated system in which the base-link is not directly actuated but indirectly actuated by contact forces. In control, it is necessary to consider constraints on contact forces such as the friction constraint. Moreover, the contact state is discretely changing during motion, which makes the control extremely difficult. In this lecture, the control theory and recent studies of the floating-base system of a humanoid are introduced.
・浮遊リンク系の運動学,動力学
・低次元化モデルの力学と制御
・接触力拘束の数学的扱い
・全身運動の生成法
・拘束条件下におけるモデル予測制御
・全身協調制御
・状態推定とパラメータ同定
- Kinematics and Dynamics of Floating-base Link System
- Dynamics and Control of Reduced-order Model
- Mathematical Expression of Contact Force
- Motion Planning
- Model Predictive Control under Constraints
- Whole-body Cooperative Control
- State Estimation and Parameter Identification
4850-1003
知能情報論
Intelligent Informatics
原田 達也
4850-1005
知能ソフトウェア論
Intelligent Software System
原田 達也 知能機械の知性に関わるソフトウェアの実現手段である,機械学習,データマイニングとよばれるデータインテンシブな方法論について論じ,実践する.データの大規模化と計算資源の増加により,実装面も加味した計算理論の構築が重要となっている.また近年は当該分野の研究が大幅に加速している状況にあり,最新の技術にキャッチアップしながら実装できる一連の能力が求められている.
本講義ではこのような現代的傾向に対し,計算アルゴリズムを理論的背景とともに紹介しながらその実装についても論じる.最終的に実世界で稼動する知能ソフトウェアの設計能力の習得を目的とする.
1.大規模データに対する高速な機械学習
2.大規模データを効率的に扱うデータ構造
3.分散データにおける機械学習
4.資源の有限性に注目した機械学習
4850-1006
知能機械構成論
Architecture of Intelligent Machinery
岡田 慧
稲葉 雅幸
インテリジェントな機械或いはシステムは認識系・動作系・計画系・通信系・対人対話系などを総合したシステムとして構成される.本科目ではシステムの内部構造および用途・応用、システム性能の評価法などについて講義する.
1.イントロダクション
2.システム構成要素
3.ロボットプラットフォーム
4.ロボットシステム実例
5.将来展望
講義項目
1) イントロ,20世紀の知能ロボット研究
2) 小型から等身大ヒューマノイドにおける認識行動システム
3) 継続タスク実現における事後認識と失敗復帰システム
4) 知能ロボットの基盤システム環境のためのソフトウェア
5) SLAM,自律移動と動的セマンティックマップの獲得
6) 筋骨格ヒューマノイドのシステム・行動構成論
7) ロボット柔軟外装と行動学習システム
8) ヒトとロボットの筋力比較と瞬発力ドライバの実現
9) 視覚に基づく3Dオドメトリ・環境物体モデリング
10) 物体環境操作モデルと人行動の見守りによる知識獲得
11) 聴覚に基づく生活音認識と人の行為目的の認識
12) 全身分布触覚と環境認識に基づく注意知覚と全身行動
13) 知能ロボットの構成論総括,レポート課題発表
4850-1007
ロボティクス
Robotics
中村 仁彦
山本 江
The goal of this lecture is to offer the mathematical and computational foundation for the modeling, planning, control, and analysis of complex robotics systems. The first half of the course is spent to cover various mathematical methods for robotics optimization. The optimization problems in robotics research then explored as specific examples of application. Applications of robotics theories and algorithms to biomechanics and intelligent systems are also discussed in the second half.
The subjects covered in the text book are:
1. Introduction
2. Mathematical Toolbox
Derivatives of vectors, matrices and their functions
Singular value decomposition
Generalized inverse and pseudoinverse
Variational methods
Pontryagin's maximum principle
3. Differential Kinematics and Redundancy
Jacobian matrix
Manipulability and redundancy
Measure of manipulability
4. Local Optimization of Kinematic Redundancy
Tasks with the order of priority
Inverse kinematics considering the order of priority
5. Global Optimization of Kinematic Redundancy
Optimal control problem of redundancy
Application of Pontryagin's maximum principle
Boundary conditions
6. Redundancy in Multirobot Coordination
Coordinative manipulation by multiple robotic mechanisms
Coordinative manipulability
Computation of minimum forces with the constraints
Contact stability and optimal forces
7. Actuation Redundancy of Closed-Link Mechanisms
Inverse dynamics of closed-link robots
Redundant actuation systems
8. A manipulator with kinematic and Actuation Redundancy
A closed-link mechanism with kinematic redundancy
Redundant actuation of the closed-link mechanism
Singularity-free parameterization of actuation redundancy
9. Singularity-Robust Inverse of Jacobian Matrix
Singularity and pseudoinverse
SR-inverse of the Jacobian matrix
Properties of the SR-inverse
Variable scale factor
10. Rudundancy in Multiaxis Force Sensing
Structure evaluation of elastic components
Use of redundancy in force sensing
Example of force-sensor design
11. Geometric Optimization for Sensor Fusion
Sensing model and uncertainty ellipsoid
Geometric fusion method
Fusion of parallel information
2018 (S1S2)
The details of schedule is explained in the first lecture.
4850-1008
マイクロシステム
Micro Systems
専攻主任
4850-1010
エージェントシステム
Agent Systems
岡田 慧
稲葉 雅幸
4850-1011
生命体システム
Life-Form Systems
高橋 宏知 生命体は,機能要素間の有機的な結合を保ちつつ,それ全体が進化し成長する複雑なシステムである.そのようなシステムの例として脳の情報処理系を取り上げ,そのモデル化と構成法を論じる.
脳科学の基礎
小脳と誤差学習
海馬・大脳皮質とベッブ学習
大脳基底核と強化学習
情動と感情
ミラーニューロンシステム
意志決定
意識
4850-1014
複合現実感システム
Mixed Reality
廣瀬 通孝
葛岡 英明
鳴海 拓志
4850-1015
人間機械情報論
Human Machine Informatics
新山 龍馬
4850-1016
ヒューマンインタフェース
Human Interface
廣瀬 通孝
葛岡 英明
鳴海 拓志
4850-1017
脳型情報処理機械論
Brain Information Processing Systems
國吉 康夫 次世代の人工知能には,実世界(開システム,動的,相互作用,不完全情報,等)と人間性(自律性,社会性,意識,倫理,等)を正面から扱うことが求められる.現状技術の限界を超えてこれらを扱うシステムを目指すには,人間の脳がどのようにこの問題を解決しているかを改めて理解する必要がある.
脳の情報処理を,感覚・運動から高次認知にいたるシステム全体の振舞いとして捉える.
自律性と社会性の融合・両立を軸として,関連する情報処理プロセスを神経科学的知見と情報論的モデルの両面から捉えつつ,脳型情報処理機械の動作原理と構成法について論じる.
以下の話題を中心として,適宜専門家の招待講演を交えつつ論じる.
イントロダクション
人工知能と脳,身体,環境
脳の機能とメカニズムの基礎(中枢神経系,ニューロン,視覚,運動,体性感覚)
認知機能とメカニズム(発達論,身体像,情動・感情,記憶・判断,模倣,概念形成・意味理解)
人間性に関わる機能とそのメカニズム(自律性(内発的動機,自由意志),意識,社会性(心の理論,共感,倫理))
4850-1018
生体情報論
Biomedical Information Theory
久保田雅也
相原 正男
加藤 光広
宮尾 益知
講義内で説明
1回目:4/19 久保田雅也(国立成育医療研究センター神経内科、先端医療機器情報学講座)
「小児神経学概論」
小児の発達における神経学的基盤
自発性(自動性)の獲得、中枢神経系の可塑性 、臨界期(感受性期)
中枢神経系の可塑性を応用した治療:VRを利用した疼痛の治療
眼球運動を用いた意思伝達装置
工学的な介入が期待される領域:biomarkerの「計測」、「生活支援」、「病態解析」、「治療的介入」、「学習支援」、「遊び」
2回目:4/26 相原正男(山梨大学大学院総合研究部)
「社会脳(social brain)の成長・成熟・発達 」
脳の成長とは、脳が大きくなり、安定した構造に近づくことである。生態学の研究から、猿類の大脳皮質の大きさは、群れの社会構造の複雑さ(social size)に比例していることが報告されている。社会適応に必要とされるヒトの前頭葉、前頭前野の体積を3D-MRIで定量的に測定したところ、前頭葉に対する前頭前野比は乳児期から8歳頃まで年齢とともに緩やかに増大し8~15歳の思春期前後で急速に増大した。脳の成熟とは、脳内情報処理過程が安定した機能になることで、神経科学的には情報処理速度が速くなること、すなわち髄鞘形成として捉えられる。生後1歳では、後方の感覚野が高信号となり、生後1歳半になると前方の前頭葉に高信号が進展した。これらの成熟過程は1歳過ぎに認められる有意語表出、行動抑制、表象等の前頭葉の機能発達の神経基盤と考えられる。
高次脳機能を非侵襲的に測定する脳科学の進歩と認知神経科学(cognitive neuroscience)における情報処理の仕組み
発達障害の脳内メカニズム
Working memory
前頭前野と文脈依存性理論
前頭前野と情動/感情機能
3回目:5/10 久保田雅也(国立成育医療研究センター神経内科、先端医療機器情報学講座)
「不随意運動からヒトの随意運動の機構を考える」
「笑い」と随意運動の乖離 :情動と行為行動の関係(こころと身体)
基底核の機能と病態:ジストニアと脳深部刺激療法 寝たきりの患者が歩いて生活可能に.その神経伝達の機序
過緊張とバクロフェン髄注療法 苦痛からの解放と神経伝達
発作性運動誘発性ジスキネジア 姿勢変換機構の異常
心因性運動異常症 その中枢機序と捉え方
4回目:5/17 加藤光広(昭和大学医学部小児科)
「脳形成とヒトへの進化 その1」
(1).大脳の個体発生と系統発生
(2).神経回路と電子回路の類似性
(3).脳形成異常の分子メカニズム
(4)ヒトの発達、進化の基盤、脳の発生と進化、大脳の発生とヒトの脳のサイズ決定因子、脳回の発生、左右の分離
5回目:5/24 加藤光広(昭和大学医学部小児科)
「脳形成とヒトへの進化 その2」
(5).脳の検査技術:画像・機能・遺伝子
(6).診断アルゴリズムを用いたAI診断
(7).遺伝子治療の現状と将来性
(8). 脳の検査法各種:紹介と今後の展望(情報工学の応用なくして成立せず)、遺伝子解析技術の進歩、てんかんの分子病態、神経伝達物質と遺伝子治療(稀少難病の先端治療紹介)
6回目:6/7 宮尾益知(どんぐり発達クリニック)
「発達障害と脳科学1」
ADHDの病理・病態と診断・治療
ADHDと学習障害では中枢神経系に何が起こっているか
情報工学的側面から疾患を理解する
何が問題か
治療的対応の意味 薬物療法
うつ病のこと
7回目:6/14 久保田雅也(国立成育医療研究センター神経内科、先端医療機器情報学講座)
「発作性疾患からヒトの脳の正常・異常・病的状態を考える」
てんかん experiment in nature
てんかん:「神聖病」から電気生理学的現象とわかるまで
てんかんの診断と治療体系:神経生理学と情報工学
動画でみるてんかん発作と機序
てんかんとneuroengineering 臨床と工学の接点
8回目:6/21 久保田雅也(国立成育医療研究センター神経内科、先端医療機器情報学講座)
「乳児のこころと身体の発達」
胎児は何をしているか 観察研究が中心
乳児の発達を睡眠覚醒リズム、移動運動、共同注意からみる
乳児は自発性の塊である。自発性の欠如が発達障害の基盤にある。
顔認知の発達 観察研究から脳波、アイトラッキングを用いた方法まで
意味への自発的接近と「遠隔対象性の獲得」
ヒトとサルの境界
9回目:6/28 相原正男先生(山梨大学)
「社会脳(social brain)の神経生理学的研究」
認知・行動発達を前頭葉機能の発達と関連させながら検討してみると、その発達の順序性は、まず行動抑制が出現することで外界からの支配から解放され表象能力が誕生する。次にワーキングメモリ、実行機能が順次認められてくる。行動抑制を衝動性眼球運動(サッケード)、光トポグラフィーで測定した。さらに、実行機能を遂行するには将来に向けた文脈を形成しなければならない。文脈形成の発達は、右前頭葉機能である文脈非依存性理論から左前頭葉機能である文脈依存性理論へ年齢とともにシフトしていくことが脳波周波数解析の結果から判明した。一方、身体反応として情動性自律反応が出現しないと社会的文脈に応じた意思決定ができず、その結果適切な行為が行えないことも明らかとなってきた。このように、様々な心理課題を神経生理学的に検討することでヒトの脳内情報処理過程が明らかになりつつある
社会脳としての前頭葉機能の発達とその障害 情報処理の特徴
発達障害は神経心理学的に前頭葉の機能障害である
前頭葉の成長(growth)、前頭葉の成熟(maturation)、心と前頭葉機能の発達(development of mind & frontal lobe functions)
行動抑制(behavior inhibition)と実行機能(executive function)の障害としてのADHD
情報工学的観点から治療をどのように考えるか
10回目:7/5 宮尾益知先生(どんぐり発達クリニック)
「発達障害と脳科学2」
自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群
サバン症候群、gifted
情報工学的側面から疾患を理解する
何が問題か
治療的対応の意味 ロボットセラピー、アニマルセラピー、オキシトシン
11回:7/12 久保田雅也(国立成育医療研究センター神経内科、先端医療機器情報学講座)
「発達障害とは何か」
中枢神経系の情報処理の変容
自閉症の解剖学的異常
「こころの理論」障害仮説(Mind blindness) とミラーニューロン仮説
自閉症と顔(表情)認知処理
空気が読めないことの意味=自動的意味処理の不全(意味盲)
大脳皮質の部位別機能の成熟不全
5/30 休講
4850-1024
生体機械システム
Biohybrid Mechanical Systems
竹内 昌治 生体内で動作する機械や、機能性生体材料を組み込んだシステムなどは、生体と機械が密着し協調して機能しなければならない。ここでは、生体材料の機能や機構を紹介するとともに、それらに適した機械構成論について講義する。
1. DNA-機械システム
2.タンパク質-機械システム
3.細胞-機械システム
4.組織-機械システム
5.個体-機械システム
4850-1020
神経行動学
Neuroethology
神崎 亮平
4850-1025
先端人工知能論I
Frontier Artificial Intelligence I
専攻主任 人工知能分野において、現在、Deep learning技術の習得は必須項目である。先端人工知能論では、Deep learning技術を理解するのに必要な数理、手法ならびに基礎的応用を系統的に取り上げ、分野における最新トピックまでを概観する。講義は、現在、Deep learningの手法や応用の研究で世界的に活躍している研究者複数で担当する。また、各受講生に、ブラウザ上からGPUを利用したpythonコーディングが可能なオンラインシステムを提供し、演習を通じての技術習得を目指す。
4/09 Introduction: 概論(人工知能、深層学習、応用と社会へのインパクト)、講義概要説明と注意事項.
4/16 機械学習基礎
4/23 CNN 1:CNN基礎、畳込み、プーリング
5/07 Pythonと科学計算
5/14 Hands-on 1: numpyによる機械学習手法の実装
5/21 CNN 2:画像処理、前処理、Data Augmentation、Batch Normalization、可視化、最新動向
5/28 CNN 3:学習済みネットワークの再利用、転移学習、Fine-Tuning、様々なネットワークとフレーム
6/11 Hands-on 2:Kerasの概要とCNNの実装
6/18 生成モデル1
6/25 生成モデル2
7/02 Hands-on 3:生成モデルの実装
7/09 特別講演1
7/16 特別講演2
4850-1026
先端人工知能論II
Frontier Artificial Intelligence II
専攻主任
4850-1021
知能機械情報学特別講義
Special Topics in Mechano-Informatics
高橋 宏知
笠井 清登
尾藤 誠司
下山 晴彦
正宗 賢
下坂 正倫
渡辺 克己
4850-1022
知能機械情報学特別講義II
Special Topics in Mechano-Informatics II
専攻主任 The goal of this course is to provide advanced topics in the field of Machine Learning, Artificial Intelligence and Big Data. All lectures are members of RIKEN Center for Advanced Intelligence Project (AIP).
2019/4/10 Masashi Sugiyama: Overview of AI Research and Introduction of RIKEN Center for AIP
2019/4/17 Tatsuya Harada: Image and Video Recognition Using Machine Learning
2019/4/24 Mihoko Otake: Cognitive Behavioral Assistive Technology
2019/5/8 Hiroshi Nakagawa: Social Impact of AI
2019/5/15 Kohei Hatano: Online Prediction
2019/5/22 Kazuki Yoshizoe: Search Algorithms in AI
2019/5/29 Kentaro Inui: Natural Language Understanding and Commonsense Reasoning
2019/6/5 Koji Tsuda: Materials Informatics
2019/6/12 Emtiyaz Khan: Bayesian Deep Learning
2019/6/19 Ichiro Takeuchi: Statistical Inference for Big Data Era: Introduction to Selective Inference
2019/6/26 Junya Honda: Algorithms for Bandit Problems
2019/7/3: Yoshinobu Kawahara Learning and Analysis of Dynamical Systems
2019/7/10 Backup
4850-2003
知能機械情報学演習
Mechano-Informatics Laboratory
専攻主任
4850-2004
知能機械情報学特別演習
Exercises in Mechano-Informatics
専攻主任
ISTyくん