学位授与方針および教育課程の編成・実施方針

本研究科では、以下のような学位授与方針および教育課程の編成・実施方針を定めて教育活動を行っています。

修士課程

学位授与方針

東京大学大学院情報理工学系研究科は、研究科の教育研究上の目的に定める人材を養成するため、次に掲げる目標を達成した学生に修士(情報理工学)を授与する。

  • 情報理工学に関する専門的知識と広い視野を体系的に身につけ、科学的手法に基づいて情報科学技術に係る研究や開発を主導することができる。
  • 社会のニーズを踏まえ、情報理工学に係る学識を基盤として、高い倫理と責任をもって社会の発展に大きく寄与できる能力を有する。
  • 情報理工学に関する基礎力を持ち、国際的な場での活躍に必要な素養を備え、未踏の課題を解決し、未来を切り開く能力を有する。

教育課程の編成・実施方針

東京大学大学院情報理工学系研究科は、研究科の学位授与方針で示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を体系的に編成・実施する。

  • 情報科学技術の基礎を学べるように、体系的なカリキュラムに基づいた情報理工学に関する専門科目を提供し、さらに演習や輪講を通じて実践的な技能や思考能力を鍛える。
  • 各学生に指導教員を割り当て、副指導教員等の専門家との議論に基づく実質的な専門知識と広い視野の獲得や論文作成等に係る研究指導体制を整備する。
  • 学術界のみならず産業界と連携して教育を行う場を提供する。また、国外の大学や研究機関との連携協力を行い国際交流の場を提供することで国際的に活躍できる素養を身につける。
  • 情報理工学に関する専門知識を有する複数の教員により、論文内容の精査、口頭試問を通じて修士論文における研究成果を審査する。

博士課程

学位授与方針

東京大学大学院情報理工学系研究科は、研究科の教育研究上の目的に定める人材を養成するため、次に掲げる目標を達成した学生に博士(情報理工学)を授与する。

  • 情報理工学に関する高度な専門的知識と的確な論理的判断能力を体系的に身につけ、科学的手法に基づいて情報科学技術に係る研究や開発を主導し、情報理工学の学問的発展に貢献することができる。
  • 情報理工学に係る深い学識を基盤として、社会のニーズを迅速に察知し高い倫理と責任をもって社会の発展に大きく寄与できる能力を有する。
  • 情報理工学に関する深い洞察力を持ち、国際的な場での活躍に必要な能力を備え、未踏の分野を創り出し、未来を切り開く実力を有する。

教育課程の編成・実施方針

東京大学大学院情報理工学系研究科は、研究科の学位授与方針で示した目標を学生が達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を体系的に編成・実施する。

  • 情報科学技術の高度な知識を学べるように、体系的なカリキュラムに基づいた情報理工学に関する専門科目を提供し、さらに演習や輪講を通じて実践的な技能や深い洞察力を鍛える。
  • 各学生に指導教員を割り当て、副指導教員等の専門家との議論に基づく専門知識の深化と的確な論理的判断能力の獲得や論文作成等に係る研究指導体制を整備する。
  • 学術界のみならず産業界と連携して教育を行う場を提供する。また、国外の大学や研究機関との連携協力を行い国際交流の場を提供することで国際的に活躍できる能力ならびにリーダシップを身につける。
  • 情報理工学に関する専門知識を有する複数の教員により、論文内容の精査、口頭試問を通じて博士論文における研究成果を審査する。
ISTyくん