電子情報学

講義一覧(2022年度)2022.3.30時点

2022年度研究科授業時間割
共通科目コード
研究科共通

※○:本年度開講科目
科目番号/Code 科目名/Subject 担当教員/Instructor ターム/Term 単位/Credit 曜限/Schedule 時間/Time 講義室/Room 備考/Remark 重複履修制限/Restriction
4840-1032 コンピュータシステム
Computer System
坂井 修一 A1A2 2 Mon 3 13:00-14:45 工学部旧2号館 工246号講義室 4860-1045(創造情報学専攻)
4840-1029 アドバンスト・コンピュータアーキテクチャ
Advanced Computer Architecture
入江 英嗣 S1S2 2
4840-1004 並列分散プログラミング
Parallel and Distributed Programming
田浦 健次朗 A1A2 2 Mon 5 16:50-18:35 工学部旧2号館 工246号講義室 ※E 情 4860-1079(創造情報学専攻)
4840-1005 データベース工学
Database Engineering
2
4840-1051 データプラットフォーム工学
Data Platform Engineering
合田 和生 S1S2 2 Tue 3 13:00-14:45 工学部新2号館 工241号講義室
4840-1006 情報システム開発論
Methodologies for Information Systems Development
S1S2 2
4840-1008 情報通信システム特論
Communication Network and Systems
A1A2 2
4840-1011 ネットワークアーキテクチャ
Network Architecture for Digital Communication
瀬崎 薫 S1S2 2
4840-1012 インターネット工学
Internet Architecture
江崎 浩 S1S2 2 Tue 5 16:50-18:35 工学部新2号館 工241号講義室 ※E 情 4860-1012(創造情報学専攻)
4891-1004
4840-1043 IoTシステム工学
IoT System Engineering
落合 秀也 S1S2 2 Tue 4 14:55-16:40 工学部新2号館 工241号講義室
4840-1036 アドバンスト情報セキュリティ
Advanced Information Security
松浦 幹太 A1A2 2 Mon 4 14:55-16:40 工学部新2号館 工242号講義室 4840-1013
4840-1033 統計的信号処理
Statistical Signal Processing
S1S2 2
4840-1014 映像メディア学
Visual Media
山崎 俊彦 S1S2 2 Mon 4 14:55-16:40 工学部新2号館 工241号講義室 ※E 情
4840-1042 自然言語処理
Natural Language Processing
鶴岡 慶雅 宮尾 祐介 S1S2 2 ※E 情
4840-1023 音声言語情報処理
Spoken Language Processing
A1A2 2
4840-1037 認知メディア論
Cognitive Multi-Media Processing
峯松 信明 A1A2 2 ※E 情 3747-106(工学系)
4840-1030 量子情報
Quantum Information
A1A2 2
4840-1016 パターン認識
Pattern Recognition
佐藤 真一 S1S2 2 4860-1009(創造情報学専攻)
4860-1040(創造情報学専攻)
4840-1018 画像処理論
Digital Image Processing
佐藤 洋一 A1A2 2 Tue 4 14:55-16:40 工学部旧2号館 工246号講義室 4917190(学際情報学府)
4840-1034 画像符号化方式
Image/Video Coding
相澤 清晴 A1A2 2
4840-1019 インタフェース構成論
Human Interface Strategy, Design and Development
S1S2 2 4915100(学際情報学府)
4840-1020 情報視覚化
Information Visualization
上條 俊介 A1A2 2 Mon 2 10:25-12:10 工学部旧2号館 工245号講義室
4840-1052 知的視覚インタラクション
Intelligent Visual Interaction
菅野 裕介 S1S2 2 Fri 3 13:00-14:45 工学部新2号館 工243号講義室 ※E
4840-1031 ウェブ工学
Web Engineering
豊田 正史 A1A2 2
4840-1035 映像符号化
Image/Video Compression
S1S2 1
4840-1044 計算言語学
Computational Linguistics
吉永 直樹 A1A2 2 Mon 4 14:55-16:40 工学部新2号館 工2号館電気系会議室1AB
4840-1045 計算製造学
Computational Fabriocation
川原 圭博 S1S2 2 Mon 3 13:00-14:45 工学部新2号館 工241号講義室 工学系で開講(3747-124)
4840-1038 情報セキュリティ基盤論
Information Security Infrastructure
佐藤 周行 笠松 隆幸 田村 拓也 小林 勇範 伊藤 秀明 S1S2 2 Tue 2 10:25-12:10 工学部新2号館 工244号講義室 3747-078(工学系)
4840-1039 シミュレーション学
Simulation
伊庭 斉志 S1S2 2 3747-068(工学系)
4840-1026 電子情報学特別講義
Computer and Communication Engineering
松浦 幹太 江崎 浩 A1A2 2 Wed 6 18:45-20:30 工学部新2号館 242講義室
4840-1041 動的システム工学
Dynamical Systems for Engineering
長谷川 禎彦 S1S2 2
4840-1046 ワイヤレス通信工学
Wireless Communication Engineering
杉浦 慎哉 A1A2 2
4840-1047 情報セキュリティ事例特論
Case Studies on Information Security
山口 利恵 越前 功 S1S2 2
4840-1048 社会知能技術
Social intelligence technology
橋田 浩一 A1A2 2
4840-1049 サイバーレジリエンス
Cyber Resilience
宮本 大輔 S1S2 2 Wed 5 16:50-18:35 工学部新2号館 工242号講義室
4840-1050 手順記述技法
Rule Description Technique
山口 利恵 S1S2 2 Thu 2 10:25-12:10 工学部新2号館 工243号講義室
4840-1053 人工知能特論
Special Issues on Artificial Intelligence
松原 仁 S1S2 2
4840-1054 メディアコンピューティング実践
Media Computing in Practice
松井 勇佑 S1S2 2 Wed 2 10:25-12:10 工学部新2号館 工244号講義室 ※E
4840-1027 電子情報学特論I
Special Issues on Information Engineering I
落合 秀也 田浦 健次朗 江崎 浩 S1S2 2 Mon 5 16:50-18:35 工学部新2号館 工241号講義室
4840-2001 電子情報学修士輪講I
Information and Communication Engineering Master Course Seminar I
各教員 通年 2 Fri 2 10:25-12:10 工学部旧2号館 工245号講義室, 工学部新2号館 242講義室
4840-2002 電子情報学修士輪講II
Information and Communication Engineering Master Course Seminar II
各教員 通年 2 Fri 2 10:25-12:10 工学部旧2号館 工245号講義室, 工学部新2号館 242講義室
4840-3001 電子情報学修士特別研究I
Research Project on Information and Communication Engineering I
各教員 通年 5 集中
4840-3002 電子情報学修士特別研究II
Research Project on Information and Communication Engineering II
各教員 通年 5 集中
4840-3003 電子情報学博士特別研究I
Advanced Research Project on Information and Communication Engineering I
各教員 通年 4 集中
4840-3004 電子情報学博士特別研究II
Advanced Research Project on Information and Communication Engineering II
各教員 通年 4 集中
4840-3005 電子情報学博士特別研究III
Advanced Research Project on Information and Communication Engineering III
各教員 通年 4 集中

※科目番号下にある“※E”は、原則として英語で行う講義を表す。
※右欄外「情」は、教育職員免許法の免許教科『情報』の教科に関する認定科目。
※次の科目同士は、開講年度が異なっても、両方の履修は認められない。
4840-1032「コンピュータシステム」と4860-1045(創造情報学専攻)
4840-1004「並列分散プログラミング」と4860-1079(創造情報学専攻)
4840-1012「インターネット工学」と4860-1012(創造情報学専攻), 4891-1004
4840-1036「アドバンスト情報セキュリティ」と4840-1013
4840-1037「認知メディア論」と3747-106(工学系)
4840-1016「パターン認識」と4860-1009(創造情報学専攻), 4860-1040(創造情報学専攻)
4840-1018「画像処理論」と4917190(学際情報学府)
4840-1019「インタフェース構成論」と4915100(学際情報学府)
4840-1045「計算製造学」と工学系で開講(3747-124)
4840-1038「情報セキュリティ基盤論」と3747-078(工学系)
4840-1039「シミュレーション学」と3747-068(工学系)

講義内容

授業科目 担当教員 講義内容
4840-1032
コンピュータシステム
Computer System
坂井 修一 並列コンピュータのアーキテクチャ、最新コンピュータ技術の動向などを学ぶ
並列処理(マルチプロセッサ)
新世代CPU
リコンフィギャラブル・コンピューティング
組み込みシステム、エッジコンピューティング
ディペンダビリティ、システムセキュリティ
量子コンピュータ、ニューロコンピュータ
4840-1004
並列分散プログラミング
Parallel and Distributed Programming
田浦 健次朗 The main objectives of this course are to have hands-on experiences on parallel programming and good understanding about how to solve problems in parallel and what determines performance of parallel programs.
I will cover the topics below, ranging from a very gentle introduction to parallel programming to performance of parallel programs
There will be a few hands-on programming sessions that expose students to parallel programming and high performance programming experiences.
* Parallel problem solving
- It's easy! --- a quick and gentle introduction to parallel problem solving
- Some examples of parallel problem solving and programming
* Popular parallel programming models and their execution mechanisms
- OpenMP, TBB, Cilk, etc.
- parallel for and scheduling
- tasks and dynamic load balancing
- CUDA
- warps and thread blocks
- simultaneous multithreading
- MPI
* Parallelism : the source of performance
- vectorization (SIMD)
- superscalar parallelism
- multicores and many cores
- simultaneous multithreading (GPU)
* Getting high performance
- understanding the maximum performance of your CPU/GPU
- understanding the maximum performance of memory
- memory hierarchy
- caches and high bandwidth memory
4840-1051
データプラットフォーム工学
Data Platform Engineering
合田 和生 データなくして、現代の社会・経済は成り立たない。
本講義では、現代社会・経済を支えるデータプラットフォーム技術を学ぶ。とりわけ、計算機システムやストレージといったハードウェアと、データベースシステムやファイルシステムといったシステムソフトウェアの両面から、データプラットフォームの構成法を扱う。また、最新の応用事例や法制度を部分的に扱う。
データプラットフォーム技術に関して、以下のテーマを解説する。歴史的に重要な技術から最新の研究課題までを扱う。
- 記憶装置
- ストレージシステム
- ファイルシステム
- データベースシステム
- トランザクション
- NoSQL, NewSQL
- クラウド
- 並列・分散処理
- 定量的アプローチ
- データプラットフォーム応用と法制度
4840-1012
インターネット工学
Internet Architecture
江崎 浩 インターネットの最新状況と先端技術の状況を整理・把握する。
グローバルな側面を認識し、仮題の抽出・整理と解決策の議論を行う。
4月 : 現状と将来の課題に関する議論
5月以降: 受講学生によるプレゼンテーションと質疑・議論
4840-1043
IoTシステム工学
IoT System Engineering
落合 秀也 IoTシステムの原理を理解する。
1. IoTの概要
2. 計測・制御の基本原理
3. データモデル(データの表現)
4. アーキテクチャ
5. フィールド通信
6. ゲートウェイとインターネット接続
7. ローカル制御とグローバル制御
8. プロトコル
9. セキュリティ
10.システムの設計
4840-1036
アドバンスト情報セキュリティ
Advanced Information Security
松浦 幹太 情報セキュリティの各分野で教育的な論文を取り上げ、情報セキュリティに関する研究の考え方を学ぶ。技術だけでなく学際的な内容も含む。
(By using instructive papers in each field of information security, we learn approaches for information-security researches. Not only technologies but also interdisciplinary studies will be included.)
1. 序論(Preliminaries)
2. 暗号の研究(Research in cryptography)
3. システムセキュリティの研究(Research in system security)
4. セキュリティ経済学の研究(Research in security economics)
4840-1014
映像メディア学
Visual Media
山崎 俊彦 Fundamental theories and technologies, recent trends, etc. are introduced. Not limited to DNNs.
画像・映像といったマルチメディアデータを中心に比較的基礎の部分から最近の研究動向までを網羅的に学習する。内容は深層学習を用いたものに限らず、古典的なものでも重要と考えるものは積極的に取り上げる予定である。
Fundamental theories and technologies, recent trends, etc., mainly on image/video understanding and processing are introduced.
Content is not fixed, but the agenda will be as in the following.
1. Image/video representation
2. Image/video feature extraction
3. Image/video processing
4. Image/video recognition/understanding
5. Machine learning and pattern recognition
6. Other topics
画像・映像といったマルチメディアデータを中心に比較的基礎の部分から最近の研究動向までを網羅的に学習する。受講者の知識度合いや研究のトレンドによって講義の内容は一部変更することがあるが、内容はおおむね以下の通りである。
1. 画像・映像表現の基礎
2. 画像・映像からの特徴抽出
3. 画像・映像の操作
4. 画像・映像の認識・理解
5. 関連する機械学習・パターン認識の基礎
6. その他
4840-1018
画像処理論
Digital Image Processing
佐藤 洋一 デジタル画像処理(Digital Image Processing)を体系的に理解することを目的とする。
デジタル画像処理・コンピュータビジョンについて、以下のテーマを中心に解説する。
1. Image sampling and quantization
2. Image noise and denoising filters
3. Local features: edges, corners, SIFT
4. Image transformations and warping
5. RANSAC, Hough transform, deformable contours
6. Optical flow
7. Camera models, two-view geometry, structure from motion
8. Clustering and image segmentation
9. Image restoration, texture
10. Color image processing
4840-1020
情報視覚化
Information Visualization
上條 俊介 本講義では、Computer Visualizationの基礎論について講義とともに、
学生による論文輪講を行うことで、情報視覚化の基礎的な理解を進める。
主な講義内容は下記を予定している。
1.イントロダクション
2.カラー工学
3.コンピュータグラフィックス概論
4.ボリュームグラフィックス
5.フローグラフィックス
6.計測データの視覚化
7.ネットワークデータの視覚化
8.Time-Orientedデータの視覚化
9.その他
4840-1052
知的視覚インタラクション
Intelligent Visual Interaction
菅野 裕介 The objective of this course is to learn about aspects of computer vision as applied research, connecting it with related research fields including human vision and human-computer interaction. The final goal is to write a speculative/imaginary research paper that would be presented at computer vision (or related) conferences in the not-too-distant future. Through this process, students are expected to learn skills in both developing creative research ideas about visual information processing and describing them in the format of a professional research paper.
1. Introduction
2. Human and computer vision
3. Creative thinking tools and icebreaking workshop
4. Gaze estimation and interaction
5. Research ideation workshop
6. Interactivity in computer vision
7. Group survey workshop
8. Paper peer-reviewing
9. Paper presentation
10. Paper presentation
11. Paper presentation
12. Paper presentation
13. Paper presentation
14. Paper presentation
15. Conclusion
The content may differ for sessions conducted in a presentation/workshop format.
4840-1044
計算言語学
Computational Linguistics
吉永 直樹 本講義では、計算言語学あるい自然言語処理と呼ばれる研究分野の基礎を扱い、特に、計算機を用いて多様な言語現象をどのようにモデル化するか、また、モデル化した結果を利用して、様々な言語処理応用をどのように実現するかに焦点を当てて、体系的な知識を身につけることを目的とする。
以下のトピックについて扱う。
- 計算言語学・自然言語処理 概論
- 単語とは何か
- テキスト生成
- テキスト分類
- 単語の意味表現
- 構造分類(系列ラベリング)
- 構造分類(形式文法)
- 構造分類(統計的構文解析)
- 深層学習(基礎)
- 文の意味表現
- 統計的意味解析
- 言語処理応用(質問応答と対話)
- 言語処理応用(機械翻訳と多言語モデル)
4840-1045
計算製造学
Computational Fabriocation
川原 圭博 モノづくりに関わる以下に示す領域における、工学的もしくは数学的な製造具術の構成について学ぶことを目的とする。
・工業デザインにおける加工技術とマテリアルの特徴
・3Dパラメトリックデザインによるモデルの設計
演習も交えての講義を行うことで、授業外や今後の研究でも活用可能なコンピュータを用いた製造、制御、設計方法を習得を目標とする。
4/11 ガイダンス
4/18 工業デザインにおける様々な加工技術1
4/25 工業デザインにおける様々な加工技術2
5/2 (自習)
5/9 プロダクトデザインにおける様々なマテリアル選択
5/16 デジタルファブリケーション技術1 3Dプリントの方式と3Dプリント。
5/23 電気回路プリント基板の製造方法
6/6 3Dパラメトリックデザイン1
6/13 3Dパラメトリックデザイン2
6/20 3Dパラメトリックデザイン3
6/27 3Dパラメトリックデザイン4
7/4 講義はなし。最終週に向けてデザインを進める
7/11 最終的なデザインの発表会
4840-1038
情報セキュリティ基盤論
Information Security Infrastructure
佐藤 周行 笠松 隆幸 田村 拓也 小林 勇範 伊藤 秀明 インターネットが人々の生活の基盤となりつつある中、そこを舞台としたセキュリティに関する事件、事故が多発している。
特に、ネット上提供されるサービスに関連して、新たな課題が指摘されている。
ビッグデータと呼ばれるネット上に流通する大量のデータ、特にネット上の個人にひもづくパーソナルデータと呼ばれるデータの処理に
関し、プライバシーを含めて多くの新しい問題が俎上に上っている。また、会社や大学といった組織にとっても、ネットとどう「つきあって」
活動を最適化するかについて多くの課題が指摘されている。
それらに対応するために暗号化、PKIを含むさまざまな技術と制度が提案され、実際に効果を上げている。
ここでは、クラウド等、現状の技術を踏まえながら、情報セキュリティに関係する技術とそれを実際に配備する制度の両方について講義を行\\
い、学会と社会の具体的な要求に応えることを目標とする。
この講義は、情報セキュリティの理論もさることながら、実際の場面でどう理解され、実践されているのかの解析にポイントを
おくものである。
樹業予定
0. 授業紹介 (4/05)
1. 現代社会における情報セキュリティの背景
(4/19) 現代社会における情報セキュリティの背景
(4/26) 現代社会におけるサービス提供企業の課題
(5/10) インシデント動向と攻撃者の技術
2. 「組織」のセキュリティ基盤 -- 組織が採用している現実解
(5/17) 情報セキュリティリスク管理
(5/24) 企業で使われる情報セキュリティ技術
(5/31) ネットワークとシステムセキュリティ技術
(6/7 先進的な防禦方法と体制
(6/14) アイデンティティ管理と本人認証
(6/21) セキュリティモデルと情報セキュリティ監査
3. 「社会」のセキュリティ基盤
(6/28) 越境データに関わるGDPRと中国国家安全法の課題
(7/05) 機械学習における社会制度の課題
4. (7/12) まとめとレポート問題解説
4840-1026
電子情報学特別講義
Computer and Communication Engineering
松浦 幹太 江崎 浩 情報セキュリティ大学院大学の実践セキュリティ人材育成コース(SecCap)(http://seccap.iisec.ac.jp/)と密接に関係したオムニバス形式の特別講義(Special omnibus lecture closely related to SecCap, an information-security specialist program of IISEC)。
各回独立に、情報セキュリティに関するホットトピックを選び、講義する。過去の例では、暗号とイノベーション、AIとフェイクニュース、最新の脅威動向とサイバー犯罪、など。(Hot topics on information security are chosen and lectured. The choice is independent each time. Past examples include cryptography and innovation, AI and fake news, recent trends of cyber threats and cyber crimes, and so on.)
4840-1049
サイバーレジリエンス
Cyber Resilience
宮本 大輔 サイバー脅威は社会全体の課題となっており、その対策は重要である。本講義では、サイバー脅威の防御を目指すセキュリティの観点ではなく、サイバー脅威の緩和や攻撃後の回復の観点、すなわちサイバーレジリエンスの観点からサイバー脅威への対策を考える。
まず、サイバー脅威について、技術やそれに関連する法律、国際標準などの重要なポイントを説明し、さらにサイバー攻撃の動作原理を戦術、手法及び手順の観点から説明する。そして、サイバー攻撃ごとにサイバーセキュリティが有効な部分、サイバーレジリエンスが必要な部分について説明する。
授業形式は講義を中心とするが、演習による授業も行う予定である。また、授業を受けるにあたり、情報システム、TCP/IPなどの通信プロトコルの基礎的な知識がある方が分かりやすい。
オンラインによる講義形式による座学
4840-1050
手順記述技法
Rule Description Technique
山口 利恵 論文等の文書を記述するためには,ルールを過不足なく説明しなければならない.そのために,既存のゲームを複数とりあげゲームを記述する鍛錬を行う.
情報技術を学ぶ上では,現実社会の数理モデル化が重要である.
数理モデル化を行うためには,実際の事物/事象を適切にとらえ,一般的なモデルを発見し,単純かつ抽象的な事物の表現をしなければならない.
本講義では,数理モデルを適切に表現できた事例を紹介し,その事例と似た事柄について,言語化の演習を行う.具体的には,ゲームルールという概念の範囲が明確な問題を対象に数理的な記述について議論する.
1)ガイダンス,例題(数独,三目並べ,フィレノミオ)
2)オセロ
3)〜13)は既存ゲームと取り上げる予定.決定次第アナウンスする.
4840-1054
メディアコンピューティング実践
Media Computing in Practice
松井 勇佑 - Learn about recent research in the multimedia field (including but not limited to CV, NLP, ML, etc.)
- Learn how to publish your research through the release of source code
- Learn modern software development through the experience of modifying other students' source code using Pull Request
1: Guidance
2 - 13: Presentation
4840-1027
電子情報学特論I
Special Issues on Information Engineering I
落合 秀也 田浦 健次朗 江崎 浩 本講義は, 国内IT企業の製品あるいは技術の研究開発をされている (またはされた)方々を講師に招いて, 当該分野の最先端技術, 企業研究開発プロジェクトで求められる運営法, 資質, 課題, 戦略, 及び困難に立ち向かい成功した体験談等を講義して戴きます. 本講義の一部は, (社)電子情報技術産業協会(JEITA) の人材育成プログラムの一環として企画されたものです.
https://www.eidos.ic.i.u-tokyo.ac.jp/~tau/lecture/tokuron/ を参照
ISTyくん