電子情報学

本郷キャンパス

教授 橋田 浩一 <研究室>

【分野】
パーソナルデータ活用、自然言語処理、ヘルスケアや教育への応用


パーソナルデータの分散管理によるセキュリティの向上と管理コストの低減、および個 人の自立とプライバシの保護ならびに社会的共助の仕組みについて研究開発し、 他の大学や企業と連携して研究成果の社会実装を進めています。その基礎となる オントロジーや自然言語処理の研究にも取り組んでいます。

教授 坂井 修一 <研究室>

【分野】
計算機システム


本研究室は新しい情報処理システムについて、幅広く奥の深い研究活動を行っています。コンピュータシステムの高速化・軽量化を極限まで進め、その応用技術を研究開発することで、10年後、20年後の快適かつ安全・安心な情報化社会を築くことが、将来の目標であり、さまざまなアプローチがとられています。

教授 相澤 清晴 <研究室>

【分野】
画像・マルチメディア情報処理


当研究室では、映像メディアのための新領域を開拓する試みを行っています。実世界・実生活を対象とした極めて多様な対象に興味があり、次のような領域での研究を進めています。*ライフログ:デジタル化した生活の在り様とその処理と利用、FoodLog *3次元映像処理:自由視点をかなえる3次元映像の膨大な情報の扱い *漫画とコミック処理、大規模画像検索基盤。

教授 江崎 浩 <研究室>

【分野】
インターネットアーキテクチャ


次世代インターネットのアーキテクチャおよび基盤要素技術に関する研究開発を 行っている。WIDEプロジェクト(http://www.wide.ad.jp)の主幹研究室として、 国内外の産学官と連携したグローバルで社会実装に直結するような実践的な研究 開発活動を展開している。特に、IoT時代を牽引する東京大学を実証実験場とし たスマートキャンパスプロジェクトを推進している。

教授 伊庭 斉志 <研究室>

【分野】
進化型計算手法


当研究室では、生物の進化の仕組みをまねた最適化 手法である「進化論的計算」について、理論と応用の研究を 行っています。 応用分野として、合成生物学、 知能ロボット、ゲノム情報処理、金融工学、人工生命、音楽などの研究が進行 中です。

教授 苗村 健 <研究室>

【分野】
現実拡張メディア技術


実世界に根ざしたコンピューティングを実現するためのメディア技術の研究に取り組んでいます。拡張現実感、実世界指向インタフェース、屋外大規模画像認識、感想共有・創造性支援、エンタテインメントコンピューティング、メディアアートなどメディア技術とコンテンツを有機的に結び付けた議論が鍵になる分野です。

教授 田浦 健次朗 <研究室>

【分野】
並列・分散処理


多数の計算機をネットワークでつないだ分散システム、マルチコアCPUやクラウドの登場でますます身近になった並列システム、それらのプラットフォームで信頼性、性能が高いソフトウェアを書く、生産性の高いシステム(言語、ツール、ライブラリ)について研究しています。

教授 鶴岡 慶雅 <研究室>

【分野】
自然言語処理、ゲームAI


当研究室では、「自然言語処理」と「ゲームAI」に関する研究を中心として、計算機による知的処理のための基盤技術から実用的なシステムの構築までを手がけています。最近は、深層学習を用いた自然言語解析・生成や、世界モデルに基づく言語理解、強化学習による不完全情報ゲームのAI構築などのテーマに取り組んでいます。

教授 川原 圭博 <研究室>

【分野】
ユビキタスコンピューティング


情報ネットワーク技術を軸とし、 ユーザにとってスマートで気の利くユビキタスコンピューティング環境を実現するためのアーキテクチャと要素技術を広く研究しています。特に、無線センサネット向け エナジーハーベスティング、無線電力伝送、ディジタルファブリケーション技術、 社会に資するアプリケーションサービスの研究を進めています。

准教授 山崎 俊彦 <研究室>

【分野】
マルチメディア, 画像認識・処理, パターン認識


ソーシャルメディアなどに投稿された膨大な数の画像や動画、音声、テキストなどを用いたマルチメディア処理による魅力工学の研究、物体認識や行動認識などといったパターン認識・機械学習の研究、新しい計算方式による高速化や進化計算などを用いた最適化の研究などを行っています。

准教授 入江 英嗣 <研究室>

【分野】
コンピュータアーキテクチャ、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション


本研究室では「未来のコンピューティング」を大テーマに研究を行っています。コンピュータの効率や可用性を向上させる研究と、その強化されたコンピュータで「未来 のサービス」を実現する研究の協調により、豊かな未来を志向しています。CPUの 内部から研究できること、自由な発想を実装して体験できることがテーマの特色です。

准教授 宮本 大輔 <研究室>

【分野】
サイバーセキュリティ


インターネットが社会基盤となり、サイバー社会は我々の暮らしと密接に連携し ています。一方で、この社会基盤に対するサイバー脅威も増大しています。本研 究室は、サイバー脅威の技術的要因、人的要因、組織的要因の特徴を捉えたセ キュリティ研究開発を行い、誰もが安心して利用できるサイバー社会を目指します。

准教授 森 純一郎 <研究室>

【分野】
大規模データ解析, ネットワーク分析


データ間の関係性に着目したネットワーク分析の考え方に基づく大規模データ解析の方法論の構築とそれらの社会応用に関する研究を進めています。さまざまな大規模データの解析を通して、人間の意思決定に資する高次の知識抽出とそれを支援するためのシステムの構築を行っています。

特任准教授 山口 利恵 <研究室>

【分野】
情報セキュリティ


インターネット上における電子決済をはじめ様々な社会インフラには、詐欺や情 報の詐取など様々な問題があります。実際の問題に応じた安全安心な技術の提案 を行うことによって、次世代の認証技術を通して情報社会セキュリティ技術の確 立を目指します。

准教授 長谷川 禎彦 <研究室>

【分野】
情報生物, 複雑系


21 世紀は情報と生物の時代と言われており、生命現象の理解は多くの分野で最先端の研究課題となっています。従来、生物学においては実験による解析が主と考えられてきました。当研究室では情報科学や物理学などの手法を用いて生命現象を解析し、理論的に生物を理解することを目指しています。

准教授落合 秀也 <研究室>

【分野】
センサネットワーク


TCP/IPによるセンサ・アクチュエータのネットワーク接続技術は、スマートグリッドをはじめとする、様々な社会インフラの監視・管理・制御に用いられつつある。 本研究室では、そのアーキテクチャの理想形を追究し、通信技術、センサデータの管理技術、システム構築技術、運用技術など、総合的な研究、開発を行っている。

准教授山肩 洋子 <研究室>

【分野】
メディア情報処理、食のIT


食は生まれてから死ぬまで絶え間なく続く生命活動です。食を選び、調理し、食べるという活動の中には、解決すべき多くの課題が含まれています。私たちの研究室は、画像・映像処理や自然言語処理、音声対話システム、情報検索、機械学習など幅広いIT技術を活用し、人々のもっと豊かな食の実現を目指します。


駒場リサーチキャンパス…生産技術研究所

教授 喜連川 優 <研究室>

【分野】
データ工学・ウェブ工学


データベース技術を基盤とし、超大規模ウェブマイニング、先進データベース融合ストレージ、自立ITシステム、地球環境デジタルライブラリを始めとするデータ工学の課題に対し、システムソフトウェア、先進アプリケーション、ハードウエア、アルゴリズムに亘る、あらゆる観点からしなやかな研究を進めています。

教授 瀬崎 薫 <研究室>

【分野】
ネットワーク・都市センシング


使い勝手にすぐれたネットワークを目指して、アドホックネットワーク・センサネットワーク・ポストNGNネットワークの研究を行っている。また、これらのネットワーク環境の都市センシング・アーバンコンピューティング・GISへの応用に挑戦している。

教授 佐藤 洋一 <研究室>

【分野】
コンピュータビジョン


本研究室は、視覚情報の解析により対象に関するさまざまな知識を獲得するコンピュータビジョン技術を専門とし、一人称視点映像解析による人の行動の詳細な理解、人の感じる質感に深くかかわる物体のアピアランスのモデリングなど、幅広いテーマに取り組んでいます。

教授 松浦 幹太 <研究室>

【分野】
情報セキュリティ


暗号、ネットワークセキュリティ、コンピュータセキュリティ、セキュリティマネジメントの4分野すべてをカバーし、情報セキュリティ業界では世界でも稀な総合力を誇っています。情報セキュリティのスペシャリストは、引く手数多。皆希望に燃え、安心な社会を支える責任感を持って研究に励んでいます。

教授 豊田 正史 <研究室>

【分野】
ウェブ工学


膨大なウェブ情報を収集分析し、文書の内容、リンク構造、それらの動的な変化から有用な情報を抽出し、可視化技術等を駆使して社会現象を読み取る手法を研究しています。単なる検索エンジンにとどまらない、新しいウェブ分析技術、ウェブサービスおよびアプリケーションの構築を目指しています。

准教授 上條 俊介 <研究室>

【分野】
知能情報処理・ITS


画像認識や人間工学等を基礎とした融合的研究を行っています。画像センシングによる車載型やインフラ協調型の安全運転支援システムを開発するとともに、ドライビングシミュレータを用いた人間工学的側面からの研究アプローチもしています。最近では、人物セキュリティー監視技術の研究も行っています。

准教授 合田 和生 <研究室>

【分野】
データプラットフォーム工学


本研究室では、データセンタやクラウドに於いて大規模データの記憶・管理・処理を担うシステムソフトウェア(例えば、データベースシステムやストレージシステム)を対象に、今までにない高速性や効率性、管理容易性等を生み出すための基盤技術の研究を進めています。

准教授 吉永 直樹 <研究室>

【分野】
自然言語処理・計算言語学


自然言語処理を基礎とした、ことばを介した情報の利活用に関する研究を行っています。特に大規模・多様化する実世界テキストを対象とし、言語情報を理解・整理・検索するための言語基盤技術を研究するとともに、解析により整理された情報を利用して実社会の動きを読むシステムの構築を進めています。

准教授 杉浦 慎哉 <研究室>

【分野】
ワイヤレス通信ネットワーク


将来の情報通信ネットワークのコアとなるワイヤレス通信技術の創造を目指して、信号処理、伝送方式、ネットワークプロトコル、セキュリティなど広範囲のトピックを対象とした基礎研究を行っています。最近では、IoTネットワークや次世代ワイヤレス通信規格5Gについての検討をしています。

准教授 菅野 裕介 <研究室>

【分野】
コンピュータビジョン、HCI


画像認識のための基礎的な手法の研究から、応用のためのシステム提案・ユーザ評価まで、コンピュータビジョンを軸に機械学習やヒューマンコンピュータインタラクションの各領域を跨ぐ研究活動を行う研究室です。 基礎的な認識アルゴリズムだけではなく、適応的に性能を向上させるための枠組みの設計やユーザとのインタラクションを含めた全体論的な視野から知能システムの研究に取り組んでいます。



一ツ橋キャンパス…国立情報学研究所

教授 佐藤 真一 <研究室>

【分野】
マルチメディア情報解析、画像・映像検索


画像や映像などのマルチメディア情報の内容解析、その応用としての検索や知 識発見等の研究を行います。特に視覚情報の解析に主眼を置き、モノを見て理 解するコンピュータの実現を目指しています。人間には簡単だけどコンピュー タには難しいマルチメディア内容解析技術の解明にじっくり取り組みたい人、 マルチメディア情報の検索等の応用に興味のある人を求めています。

教授 越前 功 <研究室>

【分野】
マルチメディア,情報セキュリティ,プライバシー保護


当研究室では,マルチメディアと情報セキュリティ,マルチメディアとプライバシー保護の融合領域に焦点をあてながら,基礎論から応用システムまでの幅広い研究分野に取り組んでいます.世界中から研究者を受け入れている国際色豊かな研究室です.

ISTyくん