数理情報学

東京大学数理情報学談話会

数理情報学専攻で実施している談話会の情報です.

最新の談話会

第2回 東京大学数理情報学談話会(開催案内PDFファイル

日時・場所

2019年11月26日(火)17:00-18:00 工学部6号館3階セミナー室AD(交通アクセス

講演者

渡辺 澄夫 先生(東京工業大学情報理工学院)

講演題目

ガウス近似できない事後分布の漸近挙動について

講演概要

統計モデルが階層構造や隠れ変数を含む場合には 事後分布をガウス関数で近似することができないため、 モデルの選択や検定を行うための統計学的な基礎を 構成することが困難であった。この講演では、事後分布 がガウス近似できない場合でも適用できる数学的基礎と して特異点解消・超関数の漸近展開・経験過程を説明し、 その帰結として導出される周辺尤度と予測対数尤度の 漸近挙動とを紹介する。

以前の談話会

第1回 東京大学数理情報学談話会(開催案内PDFファイル

日時・場所

2019年7月3日(水)17:00-18:00 工学部6号館3階セミナー室AD(交通アクセス

講演者

鍛冶 静雄 氏(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)

講演題目

かたちの線型代数・微積分

講演概要

画像処理では、画像を二次元の格子グラフ上の関数とみなし、その関数を線型代数や微積の道具立てを用いて料理する。同様に、3次元空間内の形状は、グラフやより一般に単体複体上の関数とみなすことで、やはり線型代数やベクトル解析を用いて処理することができる。本講演では、形状処理、特にかたちの変形について、この観点からの研究を紹介したい。
ISTyくん