東京大学バナー(中) 東大 アラムナイ 寄付のご案内
| ENGLISH | サイトマップ |
東京大学 大学院 情報理工学系研究科
交通アクセス・学内地図
訪問者別ご案内
受験・進学希望の方
在学生の方
留学生の方
(For International Students)
企業・一般の方
修了者の方
高校生の方
高校教員の方
教育と研究
研究科案内
各専攻・教員の紹介
 
コンピュータ科学
  数理情報学
  システム情報学
  電子情報学
  知能機械情報学
  創造情報学
センター
 
ソーシャルICT研究センター
  情報理工学国際センター
  情報理工学教育研究センター
教育プログラム等
 
ソーシャルICTグローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
  グローバル・クリエイティブリーダー 講義
  enPiT
  データサイエンティスト養成講座(領域知識創成教育研究プログラム)
  創造情報学連携講座
  他プログラム
学務関連
 
入学・進学案内 new !
  履修・学籍・諸手続案内
  東京大学学務システム(UTAS)
  学生支援制度
  研究生出願手続き
  科目等履修生案内
受賞
産学連携(R2P/IST等)
情報理工関係イベント
国際交流
(International Cooperation)
工学・情報理工学図書館
公募情報
内部者限定情報
 
ポータルサイト 
  ISTクラウド 
  研究倫理審査・広報 
  科学研究ガイドライン 
  情報倫理ガイドライン
緊急連絡
緊急連絡ページ
関連学部
工学部
理学部
Home > 教育と研究 > 研究科案内 > 専攻と講義科目 > システム情報学
教育と研究

システム情報学
専攻の目的Department Objective教員と研究室Faculty and Labs講義
学位論文(修士) | 学位論文(博士) | 入試案内ショーケース

>> 学位論文(博士)へ戻る

微生物の電気走性のモデルとその応用に関する研究

尾川 順子

(指導教員:石川 正俊 教授/システム情報第六研究室

研究概要

電気刺激入力の閉ループ制御により、ゾウリムシを狭い領域にトラップすることに成功した。
優れたセンサとアクチュエータを兼ね備えた存在である微生物をマイクロマシンとして工学的に利用することを目指し、電気走性という性質を用いて微生物の運動制御を実現しています。高速トラッキングを用いたゾウリムシのアクチュエーションシステムを構築するとともに、電気走性のダイナミクスモデルやそれを用いた軌道計画法などを提案しています。

博論の感想

博士課程から新しいテーマに取り組んだため苦労しましたが、周囲との議論やアドバイスに支えられました。新しい分野を切り開いていくことの喜びと困難さは大変得難い経験となりました。独立した研究者に向けての第一歩をこの3年間で培うことができ、感謝しています。

page top



大学院 情報理工学系研究科 お問い合せ先 東京大学