東京大学 大学院情報理工学系研究科 20周年記念シンポジウム

2021.11.25(Thu)13:45-18:30 オンライン開催

2001年4月、21世紀の幕開けと共に誕生した東京大学大学院情報理工学系研究科は2021年4月に設立20周年を迎えました。
いまや社会の基盤として不可欠な「情報」。
ウィズコロナの時代では「情報」の力で、様々な立場や環境の人々が今までにない形で
社会にかかわる機会を創り出し、「情報」の果たす役割への期待はますますふくらんでいます。
20周年記念シンポジウムではインクルーシブな共創社会の実現に向けて、
私たち情報理工学系研究科のビジョンを示すとともに、
現在取り組んでいる幅広い分野の最先端の研究教育活動を多くの皆様にオンラインでお伝えします。

PROGRAM

13:45-
14:00
研究科長挨拶
東京大学
大学院情報理工学系研究科
研究科長 
須田 礼仁

14:00-
14:05
総長挨拶
東京大学総長 
藤井 輝夫

14:05-
14:55
共創社会に向けた
センター・プログラムの
取り組み紹介

情報理工学系研究科が設置している部局横断の連携研究機構、研究センター、教育プログラムなどの、共創社会に向けたユニークな取り組みを紹介します。

イントロダクション 葛岡英明(情報理工学系研究科 副研究科長 知能機械情報学専攻 教授)

  • ソーシャルICT研究センター センター長 教授 中田登志之
  • 数理・情報教育研究センター センター長 教授 駒木文保
  • バーチャルリアリティ教育研究センター センター長 教授 相澤清晴
  • 次世代知能科学研究センター センター長 教授 國吉康夫
  • 領域知識創成プロジェクト 木脇太一(数理情報学専攻 助教)
  • UMP-JUST (Unified Multiple Projects - JUST)
    江崎浩(創造情報学専攻 教授)

14:55-
15:40
基調講演 :
情報科学で現実世界を
計算可能にする

岡野原 大輔
(株式会社Preferred Networks 代表取締役COO)

情報理工学系研究科修了生として目覚しい活躍を見せ、常に新しい挑戦を続けている岡野原大輔さんにビジネスの世界から見る情報科学の可能性をお話いただきます。

岡野原 大輔
2010年東京大学 大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻博士課程修了。博士(情報理工学)。大学院在学中の2006年に同級生の西川徹氏らとPreferred Infrastructureを共同で設立。2014年にPreferred Networksを設立、代表取締役COOに就任。深層学習、自然言語処理、データ構造、データ圧縮を専門とし、未踏スーパークリエイター、東京大学総長賞、言語処理学会優秀発表賞など受賞多数。また2015年より日経RoboticsでAI最前線を連載するなど情報科学を牽引する活躍を見せる。

15:40-
15:55
コーヒーブレイク

15:55-
17:25
パネルディスカッション
「情報理工が描く
インクルーシブ共創社会」

私たちの目指す共創社会を築き上げるために情報理工がいかに貢献できるのか。6名の教員によるショートプレゼンテーションとパネルディスカッションを通じて情報理工学系研究科のビジョンをお伝えします。

モデレーター:
山西健司(情報理工学系研究科 副研究科長 数理情報学専攻 教授)

パネリスト

加藤 真平(コンピュータ科学専攻 准教授)
加藤 真平
(コンピュータ科学専攻 准教授)
「プラットフォーム研究における共創~自動運転の実用化に向けて~」
高木 剛(数理情報学専攻 教授)
高木 剛(数理情報学専攻 教授)
「安全安心な共創社会に向けて」
川嶋 健嗣(システム情報学専攻 教授)
川嶋 健嗣(システム情報学専攻 教授)
「医用工学における共創」
山崎 俊彦(電子情報学専攻 准教授)
山崎 俊彦(電子情報学専攻 准教授)
「魅力工学における共創」
稲葉 雅幸教授(創造創造情報学専攻/知能機械情報学専攻 教授)
稲葉 雅幸教授(創造創造情報学専攻/知能機械情報学専攻 教授)
「共創社会に向けたロボティクス」
山口 利恵(ソーシャルICT研究センター 特任准教授)
山口 利恵(ソーシャルICT研究センター 特任准教授)
「社会生活における共創」

17:25-
17:30
ショートブレイク

17:30-
18:30
若手セッション
「情報理工最前線」

日々意欲的に研究に取り組む情報理工学系研究科の若手研究者6名が自身の研究を紹介します。シンポジウム参加者からの質問にもお答えします。

司会:
長谷川禎彦(電子情報学専攻 准教授)
中山英樹(創造情報学専攻 准教授)

発表者

  • 松本 啓吾(知能機械情報学専攻 助教)
    「バーチャルリアリティによる知覚の操作と最適化」
  • 門本 淳一郎(電子情報学専攻 助教)
    「形状自在な計算機」
  • 谷中 瞳(コンピュータ科学専攻 講師)
    「形式意味論と言語処理の融合による意味理解の探求」
  • 池 祐一(数理情報学専攻 助教)
    「位相的データ解析とニューラルネットワーク」
  • 穐山 空道(創造情報学専攻 助教)
    「ソフトのエラー耐性に応じたハードウェア自動制御」
  • 高道 慎之介(システム情報学専攻 助教)
    「音声の合成と変換に基づくコミュニケーション拡張」

連動企画 : バーチャル安田講堂内ワールド

オンラインでバーチャル東大の安田講堂内を体験できます。情報理工学系研究科のセンター・プログラム紹介と若手セッション「情報理工学最前線」のポスターをご覧ください。

公開期間
2021年11月18日〜12月2日
連動企画 : バーチャル安田講堂内ワールド